1979年に環境システム研究所をささやかにスタートさせた時、大きな三つの方針がありました。

1つ目は、都市・建築といった調査や設計の対象となる領域をあまり限定しないで仕事をしていくということです。
大学院で都市計画を学び(早稲田大学吉阪研究室)、卒業後に建築設計事務所(菊竹清訓建築設計事務所)で経験を重ねてきた経緯からも、都市と建築の領域について両方を見わたす視点を持って仕事をしていこうと思ったのです。

2つ目は、プロジェクトごとに最適なチームを組織できるようなネットワークを持ち、様々な種類のプロジェクトに携わっていくということでした。
自前の固定的な組織では、ある部分どうしても限界が見えてしまいます。大学の先生方や企業のスペシャリストの協力を得ることで、最も理想的なチームを編成できれば、プロジェクトの可能性をより広げることが出来ます。

そして3つ目は、若い人たちがのびのびと創造的な仕事が出来る環境をつくることです。
所員はもとより、学部や大学院の学生までが気軽に出入りでき、様々な意見交換や交流が図れる自由な雰囲気の場です。クリエイティブな人やモノはそういう場から生まれてくるのではないかと考えていました。

そして我々は現在、これまでの経験をふまえて成熟した社会活動を行うことの出来る時期を迎えていると考えております。
どうか皆様におかれましても、従来にも増して今後の環境システム研究所に対する御支援と御指導をいただけますよう、心から御願い申し上げます。


代表取締役
原田鎮郎(はらだ・しずお)

工学修士
一級建築士
上海同済大学客員教授
国際建築アカデミー(IAA)プロフェッサー
早稲田大学非常勤講師

1943年 東京生まれ
1966年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1968年 同大学院理工学部吉坂研修士課程修了
1968~75年 株式会社菊竹清訓建築設計事務所
(ハワイ海上都市計画、東京湾海上都市計画、
パサディナハイツ、アクアポリス等担当)
1979年 株式会社環境システム研究所設立

第6回世界建築ビエンナーレ グランプリ、中部建築賞、商環境デザイン優秀賞、照明学会優秀施設、屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール特別賞、グッドデザイン賞など受賞

著書に「コミュニティと都市(1976)共著 産業能率大学出版部」「縦型都市構想(1989)海文堂」「都市居住のフロンティアデザイン・層構造モジュール(1991)理工出版」「建築を考える1(1991)共著 鹿島出版」「空へ伸びる都市空間(1999)オーム社」「地球大交流(2006)共著 東急エージェンシー」

 

 


(クリックで拡大します)
株式会社 環境システム研究所
〒107-0062
東京都港区南青山1-11-30 パレ南青山2階
TEL :03-5413-3410
FAX :03-5413-3463
E-Mail : info@esco-architects.co.jp